忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[158]  [151]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [150]  [149]  [148
2/5(日曜日)
参加者:二回生坂本、一回生西
天気:雨のち曇
場所:比良、北比良峠
集合:9:10比良駅
コース:比良駅~イン谷~ダケ道~580m地点~ダケ道~イン谷~比良とぴあ~比良駅

筆者が積雪期の武奈ヶ岳に登りたかったので予定の空いてるメンバーで比良に行くことになった。
分かってはいたが本日は朝から雨の悪天候
元々の予定では坊村~武奈ヶ岳~いん谷であったが雨の影響で積雪状態に不安があり、エスケープのしやすいびわ湖側から登ることにした。


9:30 比良駅出発 雨が降っており、テンションが上がらない。
  レスキュー小屋を過ぎると雪が出始めて、テンションが上がり始める

11:10  今日はただピークを目指すだけではなく、弱層テストや埋没体験等の雪訓をする予定だったので580m地点でシャベルコンプレッションテストを行う。結果...手首のみの打撃が3回で亀裂が入る。これは何かの間違いだ!と言い聞かせ、20m移動した所でもう一度テストする。結果...四角柱製作中に崩れる。正直、泣きそうだった。20m移動し泣きの一回を行う。手首だけの打撃6,7回目で亀裂が入る。撤退である。
雪崩は雪質、地形、人の三要素で決まると言われているが雪質:悪い、地形:斜度30度程、人:2人パーティーなのでまぁ大丈夫という感じであった。あえて攻める目的を無いし、何より上回生の筆者の冬山の経験が浅いので撤退の判断を下した。



12:00  昨日にトレースが踏みかためられており、登りも下りもアイゼンなしでいけた。ノタノホリとダケ道の分岐付近で雪訓として埋没体験と弱層テストを行う。雪に埋没するとメチャクチャ寒く、胸が圧迫され苦しかった。この頃には雨はあがっていた。


14:20 ~15:55 比良トピアで温泉に浸かり解散

雨の中の雪山登山は初めてであり、結果といては雪質に驚かされたがいい経験になった。西に弱層テストの仕方と埋没の恐怖を教えれたので最低限の目的は達成できたかな

また天気の良い日にリベンジしたい。


帰りしな、電車の待ち時間があったので湖岸に寄ってみた

文:坂本



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]