忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[138]  [137]  [136]  [134]  [133]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126
3月合宿にむけ、冬山の生活技術と歩行技術を身に着けることを主なテーマに鳳凰三山で合宿を行った。


参加者 3回生 佐々木り 中島 太田 2回生 北川 早川 1回生 坂本 佐々木ゆ 吉田

12月26日(土) 快晴 甲府駅~夜叉神の森~夜叉神峠~南御室小屋

年の瀬が迫る12月25日、京都駅21時に集合する。が案の定遅れる人間が半分いた。

23時03分発の甲府行夜行バスにのる。このバスは3列シートでコンセント付き、通路側のカーテンを閉めると簡易個室になる快適バスだった。おかげでよく眠れた。


7時前に甲府駅に到着。

予約していたジャンボタクシーで夜叉神の森まで送っていただく。


着いてから各々準備をする。






9時35分出発。まずは夜叉神峠を目指す。

それにしても天気が良い。日本海上に低気圧があり、日本海側は大荒れの予報で南アルプスももしかしたらと思っていたけど快晴である。

それに暖かい。歩いているとインナー1枚でちょうど良い感じである。


   

落ち葉が重なる森を上って夜叉神峠に10時35分に到着。

風が轟音を伴い白根三山の方からやってくる。が思ったほど強くは感じられない。雲も一緒に流れてくるがこちらの尾根に到達する前に消えてしまう。


流石にインナー1枚では寒かった。ウエアを着こむ。


衣服の調整をして45分出発。雪のない尾根をえんえんと上っていく。

雪は杖立峠あたりから現れた。さらさらな雪が10センチほど積もっていた。

 




火事場跡13:8着20発



苺平14:30着42発

 

静かな森

 




南御室小屋15時20分到着。早速テントを張る。

この日は20時に就寝。

 




27日(日) 快晴 南御室小屋~鳳凰小屋

翌朝は4時起床。前夜のミーティングで2時間で朝食を作って食べてテント撤収、1時間ビーコン練習して7時出発と決めていたが、仕事分担が明確でなかったために各々やりたいことをして全体の作業が進まない。

4テンで寝ていた吉田、中島、早川は寝坊、、、


ビーコン練習ができず7時45分出発。

小屋の隣から続く登山道を上る。先行者が何人もいるからか道がはっきりしている。

さらさらな雪が15センチほど積もっている。アイゼンで踏み固めることができず、ずぼずぼ沈む。体力を消耗する。

砂払まで緩やかな上りと急な上りがえんえんと続く。じわじわとしんどくなってくる。

メンバーの中では早川くんが一番しんどそうで、彼のペースにあわせ進む。





稜線には9時ごろ出る。風が大変強い。

ただ太陽がでていて視界も十分ある。

稜線を進む。

雪は樹木が茂っているところや東に巻いているところなどにある。






観音岳10:46着11:10発



北岳


 

賽の河原12:57着





甲斐駒ヶ岳


賽の河原でしばらく休憩。オベリスクがきれいに見える。

15分出発。賽の河原からの道は地形図を見ると東面で急な下りになっているので雪崩の心配をしていたが、実際は5センチほどの雪が地面にへばりついているような状態だった。ただ開けているので視界が悪いと迷いそうである。

鳳凰小屋には14時10分に到着。

早速テントを立てる。

すでに地ならしされている場所があるのになぜかに新たに地面を整えようとみんなせっせと足を動かしている。みんな元気である。

テントを立てたあと近くのちょっとした谷でビーコン練習をした。


この日は20時半ごろ就寝


28日(月) 快晴 鳳凰小屋~御在石温泉~日野春駅~帰洛

前日の反省から前夜のミーティングで役割を決めておいた。その分早く撤収できるはずが朝食のぱすた作りに時間を取られた。時間のかからない調理の工夫が必要だ。

6時45分出発。しばらく歩くと、





御来光が




茜色に染まる部員


下りはずんずん進む。時折地形図をみては現在地を確認。


 

八ヶ岳



ひたすら下りて御座石温泉には10時40分着。
温泉の前でごろごろしていると中からおばあさんが出てきた。駅まで送っていただけるとか。

温泉代バス代合わせて2300円ほど払って風呂場に行く。

昔風の雰囲気な静かでよい温泉でした。

日野春駅まで送って頂き電車で小淵沢まで移動する。ここで反省会をした。1番の反省点はアイゼン歩行。環境に合わせて歩行の仕方を変えていくのが目標だったが、雪も少ないし危険個所もあまりないので意識せずに歩けてしまった。また天気がよく精神的、体力的にも楽に行動できてしまった。



おのおの反省を述べ反省会を終えた。

反省会を終えて解散。

結局は帰る方向が同じなのでみんなで18きっぷで関西に戻ってきた。


 

                                       文 北川
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
NONAME 2016/01/07(Thu)11:43:26 編集
景色がきれいですね
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]