忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[136]  [134]  [133]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [121
11月22日 御在所

参加者 2回生 北川 ob 野口さん


野口さんからお誘いを受けぜひお願いします、という流れで御在所に行ってきた。

当日、車をひたすら走らせトンネル前の駐車場に着いたのは4時。

ほどなくして野口さん到着。準備をして5時出発。


真っ暗な裏道を上り前尾根取りつきを目指す。誰もいないなあと思っていると中尾根あたりに白い光を見つける。まじか。

前尾根の上りはじめは6時。つるべ方式で最初野口さんがリードして、次に自分が上る。4.5歩足をあげたところでいきなり滑る。次に左に向きが変わるところで苦戦する。右に回り込んで上ろうとしたが難しい。野口さんに正面から上るとよいよといわれたけれど後の祭り。身体窮まったので、危険だけどぴとんを掴んで力づくで上った。

コンテで進み、P6は自分がリードする。レクチャーを受け初めてカムを使ってみる。本当にはずれないのか不安になって奥深くまで差し込んだら注意を受けた。抜けなくなるらしい。





練習のため、たくさんカムを使って支点を作る練習した。

他の登攀ギアの特性も教えて頂いた。


  


 


順調に進み最後のP2は野口さんがリード。岩の割れ目が続いているので足と手を挟んで上る。濡れていて滑る。上部に岩が自分に迫ってくるところがあって、そこで立ち上がれず苦戦したが左に回り込みなんとか上りきる。

11時ごろ到着。思わず安堵する。


国見峠まで行き各自のギアを確認をする。しばらく休憩して国見尾根を下る。

途中なぜか2人とも走る。

 


視界がよくなると、野口さんからあれが中尾根バットレスでその隣が、、、といろいろと教えて頂いた。


 


12時30分に駐車場に走って戻ってきた。その体力を見かねた野口さんからアドベンチャーレースにでないかと誘われる。今日はたまたまです、本当に。前尾根を上るということで、アドレナリンが出ていたのだと思う。


駐車場についてから、今後の部の活動についてアドバイスを頂いた。

野口さんは直ぐ関東に戻るそう。半日、有難うございました。教わったこと部で共有します。

                                       文 北川
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]