忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59

期間:11月22日~25日
メンバー:野口
記録:野口


ちょっくら剱に行ってきました。簡単に報告します。

11月22日(日)
夜行離洛。

11月23日(月)
滑川から上市へ。さらにそこから、馬場島へ。眠すぎ。

馬場島で登山届けを出して、いざ出発!

雪は例年通りの降雪かな。途中で、10人くらいの人が降りてきました。

しめしめ、トレースはバッチし!後ろから単独行の人が来ました。どうやら小屋までの日帰り。

お昼ごろ、早月小屋に到着。寝不足のため、ひたすら眠るzzz

11月24日(火)
明るくなり始めたら、出発。トレースはすでに無いため、アイゼン・ワカンで進む。

1人ラッセルかなりしんどい。高度計とひたすらにらめっこ。

2600mを超えるとだんだん、やばくなってくるね。時たまロープを出して、懸垂下降。または、Zシステムで登り。

やっとこさ、お昼過ぎに頂上!!

疲労度MAX。フラフラになりながら下る。カニのヨコバイは鎖を掘り出し、セルフを取りながらゆっくりゆっくり降りる。

前剣に着くと空は暗くなり始めている。早くどこかにテント場見つけなければ。

平で風が当たらない場所発見。テントを張ろうと、ポールを外すと、いきなり突風が。あっという間に、ポールが風と共に去っていった。

マジかよー、と思いながら、雪洞を掘れそうな場所を探すが、雪が足りなさ過ぎる。

仕方なく、もう少し先に行くことにする。

一服剱の手前辺りの岩陰にテントをかぶって寝る。

11月25日(水)
夜、雪が降ったため、ひたすらラッセルを行う。だるい。しかも完全なホワイトアウト。見えん。

剱御膳に行く間も、かなり微妙な場所を通過する。懸垂も数回行い。絶妙なクライミングも行う。

お昼ごろやっと御膳の頂上へたどり着く。この辺りからやっと晴れてくる。ここからはクラストしていたため、別山乗越まではあっという間。

雷鳥坂にはスキーヤーが若干いる。彼らに、バスの最終時刻を聞き。雷鳥平までもうダッシュするものの、気温が高すぎて、雪が腐り、ズボズボ足がはまり、全く進めない。

雷鳥平からも、雷鳥荘までの登りがキツ過ぎ。何とか登りきった時には、すでに15時を過ぎている。

やばいと感じながらも、疲労で足が進まない。

室堂に到着したのは16時10分前でした。ギリギリ間に合った。


なんだかんだ、かなり疲れた山行でした。


小窓尾根



早月小屋の隅にテントを張る



剱岳頂上



頂上から剱沢方面



頂上にて



早月尾根との分岐から富山方面を望む



剱御膳からの剱岳



同じく剱岳



三角点と奥に見えるのは雄山



剱御膳にて



別山乗越から奥大日岳



別山乗越から室堂方面
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
Fujii 2009/12/09(Wed)10:40:14 編集
You are great!
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]