忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63

5/1 2と我が山岳部は新入部員 川崎 一名を連れて、滋賀県は比良山系に縦走合宿を行った。
1日 朝からの待ち合わせで、栗原から入山したわけだが、そこで霊仙山(750m)の急斜面に早くも息が上がることから合宿をスタートした。地図をみても等高線の間隔がせまい・・・。はじめとは思えないほど汗ばみながら登頂し、次なる山権現山へ。ここはなんなくクリアーし頂上で休憩していると、後からの登ってきた8人ほどの学生たちがいて、権現山を堕としたことを「ゴンゲッタぜー やったー」などと言っていて、 権現山を墜とすと頂の上をgetすることがかかっていたので、「なかなかのセンス・・・やるな♪」と僕たちもそのあとの山行でなんとかうまいこと言おうとしていた。そのあとは蓬莱山 打見山と登り、続けて行こうとしたのだが、琵琶湖バレイにあるステーキ丼の文字に心奪われみんなで休憩がてら豪華な昼飯とすることにした。その後木戸峠をぬけ、比良岳、鳥谷山を登り、荒川峠、金糞峠の少し先まで進み、一日目のテン場に到着した。その晩のメニューは短期合宿と云うこともあり、肉ふんだんのキムチ鍋をしたのだが、疲れた身体にはなんでもおいしいのになおかつのキムチ鍋という最強の組み合わせで五臓六腑にしみわたるうまさであった。

2日 本来ならば日の出とともに動き出すものなのだが、今回はせっかくのGWなんだし♪と遅めに起床し昨晩のキムチ鍋の汁で雑炊を作った。これもまた染み渡る・・・。そして2日目の山行を開始し御殿山に登り、比良山系最高峰の武奈ヶ岳(1214m)に登った。さすがに周りを見渡せる程の高さと琵琶湖を眼下にできる景観のよさにみんな感動していた。そして釣瓶岳 地蔵山と進み荒谷峠へと進んだ。そこからは林道が山道の隣にあり途中楽をしながら最後の登り蛇谷ヶ峰に登った。そこからは700mほど一気に下るのだが、ここの下りが長いハズなのに、体力の余っていた森 と 川崎の二人はトレランと言って走って降りてしまった。おそるべし体力である。そして温泉に入り無事にGW合宿を終えたわけだが、今回の合宿は部員一人ひとりにとって、これからの課題・目標が見えたとてもいい合宿になったと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • おつかれさん
けんじり 2010/05/06(Thu)08:59:23 編集
ちゃんとブログ書いてますやん。
次は写真とか貼ってみようぜ。
  • 無題
野口 2010/05/07(Fri)20:11:45 編集
お疲れさん。

写真は、大事だよ。それと、文章をもう少しきちんと書こう。
  • 無題
ふじい 2010/05/09(Sun)22:26:20 編集
「ゴンゲッタぜー」の下り

まじおもろい


また沢いこうぜ
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]