忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
記録が遅くなりましたが、今年の9月に行った屋久島合宿の記録です





▼記録以下▼





2011'9/20-23


?'神戸空港⇒鹿児島空港→鹿児島本港'?





?'鹿児島本港→宮之浦港(屋久島)→淀川登山口→宮之浦岳→新高塚小屋'?





?'新高塚小屋→白谷雲水狭→宮之浦港(屋久島)→指宿港→指宿温泉群'?





?'指宿温泉群→鹿児島中央駅→鹿児島空港⇒神戸空港








? 9/20


朝一番の鹿児島行きの飛行機に乗るため全員松井家で一泊する。


明日は今年度で最大の台風が近づくと謂う。何もなければいいが…と心配しながら眠る。





9/21 曇り


朝5時に家を出発できるように用意する。外の様子を見ると風の強い曇り(*_*)


でもまだ飛行機が欠航という情報が入ってこないため、松井母に空港まで送って貰う。





空港に割と余裕をもって着くが、鹿児島行きの前後に羽田行きの便が有り 荷物預けなどがかなり混みあっていて搭乗まで時間がかかる。





まだ風が比較的弱いため飛行機は飛べそうだf^_^;








飛行時間は短く、あっという間に鹿児島空港に到着し、屋久島への船の移動のために港に行ってみる。


案の定 台風で波が高いため全便欠航(´Д`)





さて…何をしよう??


いきなり計画が白紙に戻り、早速会議が始まる。





計画では、今日で淀川登山口までの移動だけであったので明日に計画をまとめて行うことにし、仕方がないので一日鹿児島観光に充てる。








9/21 曇り


屋久島に1番早く着く、鹿児島本港発のフェリーに搭乗する。





到着港が島南の安房ではなく島北の宮之浦になってしまうが仕方ない(-.-;)





宮之浦港は台風一過で快晴とはいかず、曇りであったがバスで南の登山口を目指す。





しかし途中で雨が降り出す。


安房港でタクシーに乗り換えたのだが、運チャン曰く島の北と南で天気が違うことはよくあるらしく、めずらしいことではないらしい。





改めて違う所に来たのだなぁと実感(>_<)








登山口まではけっこうあるらしく、道中運チャンにいろいろと屋久島のことを教わる。





実は屋久島の縄文杉はギネス記録ではあり、世界一の最高樹齢に認定されているが自然遺産ではないらしい。Σ(-.-;)!!





自然遺産とは屋久島の中でも南は沖縄から北は北海道まで日本列島の総ての植物が存在している地域のことが評価されたらしい。



タクシーに揺られること1時間半程 淀川登山口はあいにくの雨。12:30頃に遅い出発となった。





宮之浦岳に15:00に到着するが雨雲で景色は見えないし風で寒いo(><)o

先を急ぐことにする。





それにしても屋久島の道は良く整備されていて、いつもボッカ訓練を行っている滋賀県 比良山系よりもよっぽど歩きやすい!



ただ雨のせいで、雨が登山道に流れ込み 沢登りみたいになっている(-_-#)







雨は終始降っていて、新高塚小屋に20:30頃に着くことができた。



この小屋は20-30人くらいが雨風を凌げてしかも無料で利用できるのがすごい!!o(^-^)o





ありがたく利用さしてもらうことにして、遅い晩御飯にする。



今晩はレトルトビビンバ。楽しみにしていたが、肉っけがなく寒いのもあってあまり美味しくない(笑)

次回からは無いなとか話してたら、他のトレッカーが肉厚のハムのサンドイッチを分けてくれた(^_^)



やっぱり肉は美味しい♪

そのトレッカーさんに感謝☆







小屋内に入るとスペースがあと少ししかないくらいに流行っていた。





雨を気にせずに横になって寝れることに感謝し、眠る。





?9/22 晴れ

朝5:30に小屋を出る予定だったが、まだ日がさしていないことと、小屋周りが森に囲まれていて木が茂っていることで 周りが見えない。今日は急ぐ予定もないので日が出るまで待つことにする。





小屋から10分程で縄文杉に到着する。

やはり雄大で大きい。よくぞ( ^^)Y☆Y(^^ )





縄文杉を過ぎて、ウィルソンさんが休んだウィルソン株に行く。



ここらへんからツアー客の人達がどっと増える。

またトロッコ道で下が敷板で全部木だ。





反対側から来るツアー客を避けつつ、トロッコ道なのでなかなか進まない。





固い道に若干靴ズレになりつつ、ようやく白谷雲水峡に到着する。





ここはもののけ姫の作中にもモデルとなっており、苔むす森が神秘的な雰囲気を醸し出している。わびさびですな~f^_^;







等高線の間隔が狭いこともあり、かなり警戒していたが階段が作られていて特に労することなく下山できた。



下山してすぐに、宮之浦港行きのバスが来てかなりラッキー(*^▽^)/





港近くの温泉で汗を流すが、ここの温泉にびっくり!!(°∀°)

身体を洗う流し場のシャワーにも温泉が引いてあり、温泉で付いた硫黄の臭いがとれない∑(@_@)

髪もゴワゴワしているし(笑)
でも不純物のおかげでシャンプーは異常に泡立ちがよかった(笑)


窓から裏にある綺麗な小川が見えたがそれを使わない発想にもびっくりして温泉をあとにし港に向かう。


宮之浦港から指宿港へ向かうフェリーのなかで、明日種子島宇宙センターから人工衛星打ち上げを行うと言うニュースを聞いてびっくり!!


合宿で打ち上げに立ち会えるとはo(^-^)o


明日晴れることを祈り眠ることにする。


④帰京 晴れ
朝から指宿温泉名物の砂風呂を体験した。
低温でじっとりと汗をかいて気持ちがいい。
いまはやりの岩盤浴のようだが、海岸沿いの砂浜で砂に埋まる分こっちの勝ちか(^_-)-☆


そして1:00になり打ち上げが近づく。

天気は晴天。間違いなく打ち上げは実施されるだろう!!


そして予定時間の1:20を迎える。

まだ跳ばない。。。っ!!1:21頃空に急速に上昇するロケットの姿が!!!(^^)!

指宿は鹿児島の先端といえど種子島まで距離があるので音は聞こえないが、遠く小さくても迫力はあった。


鹿児島空港から神戸空港までの夜の便に乗り今回の屋久島合宿を無事に終えることが出来た。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]