忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

参加者:野口・前田・福井・渡辺・江口(佛大WV OB)
記録:野口

金比羅にアイゼントレーニングに行ってきました。

先週に比べてこの日は暖かく、先週大原の温度計が-3℃だったのに対して、今回は+3℃でした。暖かい。

9時に神社前に集合し、上の広場にて靴やアイゼンを付けて、Y懸の取り付きを目指す。木が伐採され、Y懸までの新しい道ができていたので、そっちを使ってみる。非常に歩きやすい。だが、歩行訓練を考えると、従来の道が良いかも。

取り付きで準備をし、野口リードで登り始める。野口1人で3人を上げるため、ロープ1本をバックロープの合計3本のロープが付いている。ややこしい。しかも、忙しい。大変だ。

フォローで登ってくる3人は、初めのころに比べると、登攀技術もだいぶうまくなり、スピードも出てきた。が、ロープワークは、まだまだね。要練習。

2時間半以上かけて、頭に出る。そこで、パートナーが仕事で登れなくなった、佛大OBの江口さんと合流。最近、野口、伊藤とよくフリーに連れて行ってくださっていた方である。

合流後、北尾根の取り付まで下り、江口さん・渡辺、野口・前田・福井のペアーで登る。初めての北尾根でY懸より少し難しい為か、3人とも少なからず苦労はしていたようだ。1ピッチ目終了後、前田はバイトのため離脱。野口・福井の2人で登る。やはり、2人の方が、めちゃくちゃ楽だ。今までの忙しさが嘘のようだ。順調に、頭まで行き、頭で少しロープワークの新しい知識を得る。

時刻は既に、5時。かなり暗くなってきた。急いで下山を始める。神社に着いた時には既に真っ暗であった。

江口さん、どうもありがとうございました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]