忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
メンバー:野口・前田・渡辺・福井 +英さん(監督・OB)
記録:前田

クリスマスの夜に夜行バスで出発して、行ってきました、年内最後の合宿!
その様子をご報告します。

1日目(12/26)  竹宇駒ケ岳神社~5合目小屋
年に何度かの寒波だという今日は快晴。
登山道入口の竹宇神社から3時間ほどは雑木林の道が続く。八丁登りの急登が始まる前後から道が凍りだしたため、アイゼンを装着。正午頃、初めて尾根に出る。視界が開けるとともに、突如風当たりが厳しくなる。この「刃渡り」は、ルート自体はそれほど危険ではなかったが、強風で時折恐怖を感じたシーンもあった。
刃渡り~5合目小屋へのトラバースは、疲れがたまってか平凡な道なのに長く感じた。強風と寒さのなか設営し、15時過ぎに入幕。英氏の持ってきてくれたバンホーテンのココアをご馳走になる。暖まる…
今日の強風の具合と新人3人ということを考慮し、英氏と主将の相談で、明日は七丈小屋まででその後は様子見ということになる。
 
2日目(12/27)  5合目小屋~七丈小屋 (~8合目偵察)
今朝もやはり風が強く寒い。
5~7合目の間は急斜・はしご・鎖の連続ため、慎重に進む。だんだん積雪量が増える。風もあり途中ちょっとしたスリルを味わうものの、出発後一時間強で七丈小屋につけた。
とりあえず重い荷物を置いて一息ついた後、ケータイの通じることを確認し、OB英氏と主将は8合目まで偵察&トレース付けへ出発(状態がよければ登頂もあり)、残る3人(前田・渡辺・福井)は小屋周辺で設営作業となった。七丈第二小屋前で3人がやっとテントを建て終え、さぁ中に入ろう…という時に小屋管理人が突然現れ一言、「ちょっとちょっと!ここはダメだよ、君ぃ!」。あっけなく退散を余儀なくされてしまった。数分登った先の風当たりのきついテン場を利用することとなり、1から建て直し。
そうこうしているうちに、偵察隊が帰還。風も徐々に収まってきた。まだ昼前だったが、テントに入り、在京部員からの差し入れであるメザシを肴に時間を過ごした。
 
3日目(12/28)  七丈小屋~甲斐駒ケ岳登頂~5合目
曇りで雪がちらちら。風はないようで、ありがたい。
今朝でOB英氏は下山となるため、出発時に離別。大変お世話になりましたっ!
テン場から8合目までは昨日の偵察のおかげで、予想以上に快調に進む。8合目から再びラッセルが始まり、また天気は悪く視界は開けなかったが、幸運にも風がきつくなかったため、それほど危険なシーンもなく進むことができた。
8合目から約1時間半ほど黙々と行くと、白化した世界の隅に、たくさんの祠がたった丘が見える。…ぇ、意外!これが頂上!と思いつつ、写真を撮って休憩。
十数分後に気づいたのが幸い、ホンモノの頂上はもう数百m先でした。
登頂後、問題なくテン場まで帰り、テントを片付けてさらに5合目まで下る。11時頃だったが、本日はここで設営。 

4日目(12/29)  5合目小屋~下山
晴天、再び風が出る。
あとは下るのみ!RUACのその下山スピードたるや、恐ろしや。あっという間に視界から消えてしまう。(前田のみカメ足です) くねくねと長い長い樹林道を竹宇神社まで下りきったころには足がすっかり泣いていました…。

皆様お疲れ様でした!
寒波・強風と新人3人の力量不足とで合宿は短いものとなりましたが、同時に温かい下界で安全に年末を迎えることができ、ほっとしています

   ☆     ★     ☆     ★     ☆     ★

今回の合宿に同行してくださった英監督をはじめ、
部長、副部長、そしてOB/OG皆様、
2008年はお世話になりました。

皆様、よいお年をお迎えください!

~山岳部現役一同


合宿の写真は後日☆DSCN3648.JPGDSCN36539.JPG










  7丈小屋付近からみた鳳凰三山と富士山         男三人でいぇい!(鳳凰三山をバックに)
                                                                                        DSCN36601.JPG
a22f89d1.jpeg









    頂上へ行く途中でみえた摩利支天              同じく7丈小屋付近からみた八ヶ岳
DSCN36749.JPGDSCN36939.JPG









  3日目のテントの中で餅を焼く二人               下山途中に出会った富士山と朝日
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]