忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
6月26,27日(土)(日)

記録:森

行程:26日比良駅--イン谷口--神爾の滝--(釈迦岳)--八雲ヶ原--イブルキのコバ(泊)
        :27日イブルキのコバ--武奈ヶ岳--御殿山--坊村

メンバー:松井、森、川崎、坂川、畑、伊藤

蛇谷以来の全員そろっての山行。
新入生に長時間の山歩きとテント生活に慣れてもらうことを目的とした。






しかし、当日はあいにくの雨。武奈ヶ岳は特に晴れた日に登ってほしいが、雨の日に歩くのも練習である。比良駅では小雨だったのだが、登山口に着くころには雨脚は強くなっていた。





行程的には特に大変ではなかったが、彼女たちは山歩きに慣れてない上天候も悪かったためかなり疲れていた。






途中、神爾の滝にて。なかなかの迫力


やっとの思いで八雲が原に着くとすでにテントが10数個張られておりこのような悪天候でもにぎわっていることに驚いた。そういえば京府立大山岳部も同じようなルートだったな。ほかにも阪大WVもいた。







前小阪さんにイブルキのコバが天場によいと言っていたことを思い出し、そこに向かうことにした。八雲が原から10分余り、イブルキのコバに到着すると1張できる平らなスペースがあり、近くに小川もあってなかなかよい場所だった。




キムチ鍋を食べた後ちょっとしたゲームで遊んで就寝。
1ニョッキ!2ニョッキ!3ニョッキ!4ニョ.....ZZZ





翌日も雨。伊藤は夜中雨の音が気になってあまり眠れなかったようだ。





だが歩いて30分もすると雨はやんだ。そして4回目の武奈ヶ岳…正直もう飽きた…てか比良に飽きた。しかもガスってて景色も良くないし。新入生にはぜひ晴れている時の景色を見てほしかったが。


武奈ヶ岳山頂。真っ白けっけ。左から(上)森、川崎、松井(下)伊藤、畑、坂川
ここに来るとなぜかしら脱ぎたくなるのはなぜだろう。



寒いのでさっさと坊村に向け下山する。タイミング悪く山腹で晴れてきて、坊村に着くころにはすっかり青空が広がっていた。
新入生にとって慣れない山歩き、雨降りで大変だったと思うが、本当にお疲れ様。

坊村、明王谷にて三人組。

GPSログではないですが、行程図。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • アイドル3人
けんじり URL 2010/08/01(Sun)23:22:45 編集
武奈で脱がない笑。
  • >けんじりさん
りょーた 2010/08/02(Mon)00:28:37 編集
この写真はたから見たら露出狂みたいですね……。ていうか露出狂ですね。笑
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]