忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
参加者:清水、野口、伊藤、星野

記 録:星野


9日の夜にレンタカーで京都を出発。 途中、神戸の夜景が一望出来るスポットに立ち寄り、まずは堡塁に向かってドライビング。夜遅くに出発したこともあり、到着後、即就寝。
翌日、朝5時に起床。6時に出発し、もちろん一番乗りで岩場に到着。野口、星野ペアと清水、伊藤ペアでリードアンドフォロー形式で様々なルートにチャレンジした。この形式で星野は初のリードをやった。慎重になりすぎて、簡単なルートにもかかわらず相当時間がかかった。しかも、カムの決め方など、まだまだ不十分な点があり、まだ、まだ、まだ課題がある。夕方4時ごろまでひたすら登っていた。いつのまにかどのパティーも帰り、最後の撤収となった。
そして再び、車に乗り込み、次は雪彦に向けて車を走らせた。途中、三宮の中華街に立ち寄り、おいしい食べ物で疲れを取り、リラックスタイムを過ごした。到着後は次の日早く起きるということもあり、スグに寝ることになった。
朝4時に起床し、5時前に出発することが出来た。まずは、野口、星野ペアと清水、伊藤ペアで地蔵岳東稜を登ることに。事前の情報によると、取り付きまで1時間弱で行けるはずが、どこかで道を間違えたらしく、3時間かかった。8時にいよいよ、やっと、登攀開始。途中ピンがなく、またプロテクションもまったくとれないピッチがあったが、両ペアともスムーズに登ることが出来た。次に、地蔵岳正面壁に行くことに。だが、また取り付きがなかなか見つけることが出来なかった。そういうこともあり、そしてレンタカーを返却する時間が迫っていたこともあり、時間に余裕がなくなり、野口、星野ペアは右カンテルート。清水、伊藤ペアは加古川ルートの1ピッチのみを登ることにした。 そして、走って下山することになった。


4ffff72d.jpg    f4ea0ed3.jpg    55326b51.jpg


eef82d84.jpg          IMGP2317s.jpg


上段左 : 保塁 右カンテ Ⅲ+をフォローする伊藤
上段中 : 同ルートをフォローする星野。このあと星野は同ルートをリードした。
上段右 : スカイフレーク 5.9をリードする野口
下段左 : 雪彦 地蔵岳東陵2Pでビレイをする星野
下段右 : 地蔵岳頂上で記念撮影
(写真=清水)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]