忍者ブログ
Admin*Write*Comment
立命館大学山岳部ブログ
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
参加者:畦崎、野口、伊藤
記 録:畦崎

 1月19日、年明けしょっぱなの練習は烏帽子でクライミングでした。さすがに1月になると寒い!!こんなんで登れるんかいな。なんて思いながら岩場に向かう。

 9時に岩場に行ったら一番乗り!さぁ、今なら何に取り付いてもいいぞっ!ということで、伊藤から登りだす。まずは、前回TRで登れたアフターバイト(5.9)に取り付く。しかし、正月のブランクもあり、体が思うように動かない。何度もテンションをかけて上まで抜ける。その後、野口、畦崎が軽く登ってアップする。まだ岩が冷たくてカチを持つと指の感覚がなくなってくる。2人の登りを見て伊藤が再挑戦する。が、あえなくテンションをかけてしまった。
 次に、野口がタフ(10d)にトライ。しかし、さすがに関西最難の10dだけあって簡単には登らせてくれない。核心一手目で敗退。続けて畦崎がトライ。前回ムーブが解決したのでいける。と思いきや、核心でテンション。畦崎も正月ボケだった…
 岩も温かくなってきて、体もほぐれてきたので、伊藤がゴールドフィンガー(10a)に取り付く。取り付くものの、登りだしたら途中から別のルートに入ってしまい上回が注意する。本人の予想外のラインを登ることになっしまった。さすがにゴールドフィンガーは難しくテンションかけまくりであった。やっとのことで上まで抜けたが、伊藤は疲れきっていた。
 野口はジャスティスを登ろうと思っていたが、おじさん&おばさんがずっとトライしていたので再びタフを登る。さっきよりは進んだが、やはり核心が抜けられない。そのまま畦崎にバトンタッチ。気合を入れて畦崎がタフを登る。RP。ふぅ、やっと登れた!
 その勢いで伊藤も太陽がいっぱい(5.9)を登る。体が柔かいからか、かなりの大胆ムーブを繰り出す。勢いよく登りRPした。初のリードでのRPであった。伊藤はバランス系が得意なようだ。

 午後からは久々に駒方へ。アプローチには雪が残っており、岩もだいぶ冷たかった。野口、畦崎がそれぞれ10bのルートを登る。そして、伊藤は斜陽(5.9)へ。得意の大胆ムーブで、テンションをかけながらも高度感満点のスラブの恐怖を楽しんだようだ。

 暗くなってきたので本日の練習を終了。朝夕は寒いが日中はまだまだ登れる。
来週からのテストも頑張っていこう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • お!
lostcanyon 2008/02/05(Tue)10:47:17 編集
みなさん 元気にクライミングに復帰されたようでなによりです。是正すべき点は是正し これからも安全に楽しく登山とクライミングしてください。因果カップだれかでますか?
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
より多くの方に立命館大学山岳部を知ってもらうためのブログです。
  • カウンター
  • 最新CM
[06/26 Boom Beach Gems illimités]
[08/29 坂本]
[08/22 NONAME]
[01/07 NONAME]
[09/30 北川]
Copyright © 立命館大学山岳部ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]